脇汗で服に黄ばみができた時の落とし方と漂白剤の色々

kibamiotosu.jpg

脇汗が服について黄ばみが出来てしまった、すぐに洗濯しても
黄ばみが消えない、と悩んでいる方がいます。

特に、お気に入りの白いTシャツやブラウスは、なんとしても
真っ白にしたいですよね。


また、男性のワイシャツなど、脇がちょっと黄ばんでいるだけで
不潔に見られたりしたら、仕事がやりづらいですよね。


この黄ばみは人間の皮脂が原因なんですね。
さらにそのままにしておくと、経験をお持ちの方も多いと思いますが
黒ずんできます。


これは、黄色く皮脂がこびりついている上に埃などの汚れが
さらに付着して黒ずむのです。


こうなってしまうとちょっとやそっと洗濯した程度で衣類のシミは
取れません。


それでは、服の脇の黄ばみの落とし方を紹介します。


自宅で簡単に黄ばみを落とす方法

白いシャツやタンクトップ、ブラウスといった白だけのものなら
塩素系の漂白剤を使うのが簡単です。


黄ばみがなかなか取れない場合は、お湯の中に漂白剤を入れて
衣類をつけおきにしておくといいですよ。


お湯といっても、手を入れられないほど熱い必要はありません。
それに、熱すぎると、塩素が飛んでしまいますよ。
40度くらいのお湯で十分ですよ。


脇汗で出来た黄ばみは、汗と皮脂汚れといった油汚れなんですね。
オレンジに近いようなひどい黄ばみの場合は、濃い目の液、または
原液を直接つけてから、漂白剤をお湯に溶かした液に服全体を
浸けておきます。


浸けておく時間は、1〜2時間くらいでいいですよ。


塩素系漂白剤を使う時に注意が必要なのは、服の生地を
傷め易いということなんですね。

それでも取れない頑固な黄ばみは?

希に、制汗剤の固形分が繊維の間に入り込んでしまい、
繊維と絡み合って黄ばみが取れない場合があります。


そんな時は、その部分を、男性用のスクラブでこすると、
絡まってしまった汚れを取ることができます。
スクラブをつけたまま洗濯機にいれてもいいんですよ。


クリーニング屋さんでは鉄錆のシミにも効果的な還元漂白剤を
使っているそうです。


そこで、花王から発売されている還元漂白剤ハイドロハイターを
使ってみる方法もあります。


塩素系漂白剤が使えない場合は?

上記の方法は、服が白いものに限りました。ということは、
色物には塩素系漂白剤は使えませんよね。


管理人は、それを知らずに、お気に入りのブラウスをダメに
したことがあります。


また、塩素系漂白剤の匂いがダメなかたもいますよね。
それでは、塩素系漂白剤以外の方法は以下の通りです。


酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は、50度くらいのお湯に溶かして、1〜2時間
浸けておくといいですよ。


酸素系漂白剤は、液体のものと粉状のものがあります。
液体のものは酸性で、粉状のものはアルカリ性なんですね。


粉状のものは、漂白力が高いですが、色落ちしやすいです。
液体、粉状共に、服の目立たない部分で色落ちしないかを
試してみて使用してくださいね。


台所用洗剤

台所用洗剤は、油汚れに効果がありますので、皮脂汚れに
効果的なんですよ。


お湯を脇の黄ばんだ部分につけ、そこに洗剤をつけてもみ洗い
します。

軽く洗剤を落としてから全体を洗濯要洗剤で洗います。


重曹

ひどい黄ばみには、重曹と液体酸素系漂白剤を混ぜたものを
歯ブラシなどにつけて、トントンと叩きます。


その時、服の下にタオルなどを当てた上から叩いていくと
タオルに汚れが移ります。


この時、蒸しタオルなどを当てると、暖かい状態になるので
汚れが落ちやすいですよ。


ただ、漂白力が強いので白物だけに使える方法です。


洗濯用固形石鹸

洗濯用固形石鹸も黄ばみに効果的な方法です。
ぬるま湯で使うとよりいいですよ。






posted by 汗とニオイ at 00:22 | 胸汗