ワキガは運動して汗をかくと改善するの?予防に効果的なの?

walking.jpg

運動不足はワキガによくないと言われています。
なぜ運動がワキガ予防や改善と関係があるのでしょうか?


有酸素運動をすることで、良い汗をかくことができるんですね。
それでは、ワキガと運動の関係はどうなんでしょうか?


なぜ運動が必要なのか

運動の中でも、特に有酸素運動は良い汗をかくことができるんですよ。


汗腺には導幹部というところがあります。
その部分には汗の成分の素ともいえる血しょうがあり、水分と一緒に
汗となって出ていきます。


しかし、有酸素運動をすると導幹部の血しょうが再び吸収されていくので、
余分な成分が少なくなったサラサラの汗をかくようになるんですよ。


これは、エクリン腺でもアポクリン腺でも同じことが言えるんですね。
ただ、この二つの汗腺は、導幹部に溜まっている成分が違うだけなんです。


良い汗はアルカリ成分の重炭酸イオンが少ないので酸性の汗になり、
それによって細菌の繁殖が抑えられるんです。


汗の成分を分解し、繁殖する最近が少なければ、それだけワキガ臭も
減るんですよ。


運動不足になると皮膚の末梢血管まで血流が届かない状態になり、
汗腺は酸素が不足するんですね。


この様態だと、酸素がない状態で汗腺の働きをすることになるんです。
すると、乳酸という疲労物質が導幹部に溜まってしまうんですよ。


この乳酸は、アンモニアの分泌を高める性質があるんですよ。
運動不足の生活を送っていると、ちょっとしたことでも汗を
かきやすくなります。


それがアルカリ性の強い臭くなる汗をかくことにつながるんですね。

ワキガ臭を予防する運動について

ワキガ臭を予防したり改善する運動は、有酸素運動に限ります。


無酸素運動は筋肉をつけるためなので、直接関係がないんですよ。
むしろ、無酸素状態では疲労物質である乳酸を増やすことにもなるので、
ワキガ臭予防にはふさわしくないと言えそうですね。


日頃から有酸素運動でいい汗をかいていると、汗腺の導幹部という
ところで汗の原料となる血球の成分が上手く吸収されるので
汗の成分が水に近くサラサラした感じのいい汗をかきます。


その有酸素運動は、あまり体に負担をかけすぎないようにして
酸素を十分に取り込むことを目的としているんですね。
最低でも30分くらい行うことが大切だと言われています。


ウォーキング、ストレッチやヨガ、ジョギング、サイクリング、
水泳、軽い体操などを呼吸を意識して行います。


激しい運動は、呼吸が浅くなります。
その結果、肺まで酸素が行き届かなくなるので、息切れがしたり
呼吸が浅くならないように注意しましょう。


一定時間行うのは血液中の遊離脂肪酸を減らすという意味がるんですよ。


この遊離脂肪酸というのは、汗臭さや加齢臭などの原因とともなる
短鎖脂肪酸やアルデヒドのもとなんですね。
遊離脂肪酸の燃焼は、運動を始めてから20分くらいで起こります。
ですから、有酸素運動は、30分以上行うことが必要なんですよ。


そこで、運動不足の人が、いきなり30分のジョギングというのは
無理な方が多いので、ウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。


ウォーキングといっても、ダラダラと歩くという感じではなく、
歩幅を大きくとり、足の裏で地面を蹴り出し、やや早めのスピードを
意識しましょう。


また、腕も大きく振ると全身の血行が良くなるので、体全体の体温が
上昇し、より良い汗をかくことができますよ。


そして、運動をして汗をかいたら、シャワーやお風呂で汗を流し、
その後、制汗クリームで、ワキガ臭を抑えるようにするといいですよ。













posted by 汗とニオイ at 21:26 | ワキガ