ワキガに塩化アルミニウムの制汗剤で臭いは消える?

ワキガの臭いを抑えるために制汗剤を使っていますか?


odozyerumin.jpg

ワキガのような強い臭いを抑えてくれる制汗剤の成分を
みると、「塩化アルミニウム」が使われているものがあります。


「塩化アルミニウム」が含まれている人気の制汗剤には、
デトランスα、Perspirex、オドレミン、クリニーク、などが
あります。


塩化アルミニウムの作用とは

塩化アルミニウムは、強力に汗を朝得てくれる働きがあるんですよ。


塩化アルミニウムを体の表面に塗ると、汗腺から出てくる汗と
反応して、水酸化塩化アルミニウムを形成します。
これが、汗腺に蓋をしてくれるんですね。


一度塗ると、3〜5日汗をおさえてくれるんですね。


塩化アルミニウムを使うと、汗が出なくなるので、雑菌も繁殖
しにくく、汗とニオイを抑えてくれるんですね。


塩化アルミニウム液は、病院で診断をうけて処方して
もらうんですが、最近では一般の薬局でも市販されるように
なったんですよ。

体への影響や副作用はないの?

アルミニウムの過剰摂取は脳症を引き起こすと言われています。

しかし、制汗剤のような体の表面に塗る場合は、体内に吸収される
ことはなく安全なんですよ。


ですが、「塩化アルミニウム」を使用するときに、注意することは
肌荒れなんですよ。


塩化アルミニウムは、汗腺の水分と反応する過程で塩酸を生じるために
かぶれやかゆみといった肌トラブルの原因となることがあります。


最初は肌トラブルがなかったけれど、使い続けていたら、
肌がかぶれた、という場合もあります。


使用方法をよく読まずに脇が濡れたまま塗ると、肌の表面についていた
水と反応して痒みが出てしまうことがあります。


また、金属アレルギーの方も注意が必要ですね。


塩化アルミニウムでかぶれてしまったら

塩化アルミニウムでかぶれてしまったら、しばらく使うのは
やめましょう。


液体タイプの塩化アルミニウムが含まれた制汗剤を使ってかぶれて、
また使用したい時は濃度を薄くしましょう。


かぶれてしまった制汗剤の「塩化アルミニウム」の濃度が12%なら、
5%のものを使ってみてください。


もうひとつの方法は、「塩化アルミニウム」が含まれている制汗剤
を塗る前に、ベビーパウダーを塗ってみることです。


一般的に塩化アルミニウムが含まれたジェルタイプの制汗剤は
濃度が3%~20%程度あります。


手や足の部位は濃度が強くてもかゆみやかぶれの症状が出て
きにくいですが、脇に使うときには、20%でかぶれるなら10%、
10%でかぶれるなら5%というように薄めて使うといいですよ。


塩化アルミニウム液は非常に反応しやすい物質なんですね。


塩化アルミニウム液を薄める際には水道水ではなく、
薬局に売っている精製水を使って濃度を調節するようにしましょう。

posted by 汗とニオイ at 23:04 | ワキガ