クリアネオに含まれるイソプロフィルメチルフェーノールについて

clea1.jpg

クリアネオには「ワキガ」「足の臭い」「すそワキガ」の原因菌を
殺菌・抗菌有効成分や消臭効果のある天然エキスが
7種類配合されています。


クリアネオの主成分の1つであるイソプロピルメチルフェノールには、
ワキガ・足臭・すそワキガの原因菌が繁殖する原因である
皮脂腺・エクリル汗線・アポクリル汗線の細菌を殺菌し除去する
効果があります。


また、ニキビの原因菌であるアクネ菌やマラセチア菌を
殺菌することでニキビ商品にも使われている成分としても有名です。


イソプロピルメチルフェノールは主に殺菌作用のある成分なのです。


年、この成分が消臭効果として高い実績を上げていることから、
悩んでいる人も多い「わきが」の救世主的な存在だとも言われています。


ただ、とても強い効果を発揮する成分で、量を間違えれば体に害をもたらす
危険性もある非常に強い抗菌作用があります。


基本的には、市販の商品に使用されるイソプロピルメチルフェノールの
配合量は0.1以下と定められていますので、人体に強い害を
与えることは通常ありません。


中には、この成分にアレルギーを発症するケースもあるので、
イソプロピルメチルフェノールの配合された商品を使用する際は、
肌に合わない場合は即座に使用を中止するのが好ましい成分です。


クリアネオは、イソプロピルメチルフェノールを有効成分として
含んでいて、他の有効成分も豊富なんですよ。
posted by 汗とニオイ at 22:57 | クリアネオ