脇汗で服に黄ばみができた時の落とし方と漂白剤の色々

kibamiotosu.jpg

脇汗が服について黄ばみが出来てしまった、すぐに洗濯しても
黄ばみが消えない、と悩んでいる方がいます。

特に、お気に入りの白いTシャツやブラウスは、なんとしても
真っ白にしたいですよね。


また、男性のワイシャツなど、脇がちょっと黄ばんでいるだけで
不潔に見られたりしたら、仕事がやりづらいですよね。


この黄ばみは人間の皮脂が原因なんですね。
さらにそのままにしておくと、経験をお持ちの方も多いと思いますが
黒ずんできます。


これは、黄色く皮脂がこびりついている上に埃などの汚れが
さらに付着して黒ずむのです。


こうなってしまうとちょっとやそっと洗濯した程度で衣類のシミは
取れません。


それでは、服の脇の黄ばみの落とし方を紹介します。


自宅で簡単に黄ばみを落とす方法

白いシャツやタンクトップ、ブラウスといった白だけのものなら
塩素系の漂白剤を使うのが簡単です。


黄ばみがなかなか取れない場合は、お湯の中に漂白剤を入れて
衣類をつけおきにしておくといいですよ。


お湯といっても、手を入れられないほど熱い必要はありません。
それに、熱すぎると、塩素が飛んでしまいますよ。
40度くらいのお湯で十分ですよ。


脇汗で出来た黄ばみは、汗と皮脂汚れといった油汚れなんですね。
オレンジに近いようなひどい黄ばみの場合は、濃い目の液、または
原液を直接つけてから、漂白剤をお湯に溶かした液に服全体を
浸けておきます。


浸けておく時間は、1〜2時間くらいでいいですよ。


塩素系漂白剤を使う時に注意が必要なのは、服の生地を
傷め易いということなんですね。
続きを読む
posted by 汗とニオイ at 00:22 | 胸汗